情報通信実験装置

ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000

VDGT-7000は、ドローンの飛行制御シミュレーションソフトです。カリキュラムは理論教育とシミュレータ演習で構成されています。

ドローン飛行制御シミュレータ

ハードウェア
各種ドローンハードウェア 各種ドローンコントローラ 2D・3D HMD機器
コンテンツ
実際のドローンフライトコース 実際の3Dオブジェクト ドローンの飛行に近い感覚 物理的な価値観を適用
ネットワーク
個人でも複数人でも模擬フライト ネットワークを介した実験 観察モードによるリアルタイム戦略指導とティーチング機能
リプレイ機能による飛行パターン解析機能

システム構成

vdgt-7000のシステム構成

本製品には、ハードウェアとシミュレータエンジンがあります。
1) ハードウェア
(1) 各種統合型ドローンコントローラ (2)各種2D・3D統合HMD機器に対応
2) シミュレータエンジン
(1) ドローンの操縦 * ドローンの動き、速度制御機能 * ローリング&ピッチコントロール
(2) 訓練環境管理
* フライトの選択 * 飛行姿勢モードを選択 * マップを選択 * 気象環境の選択 * 研修コースの選択

このページ(情報通信実験装置[AR(拡張現実)ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000])のトップへ

ネットワーク接続

様々なターゲット、視点に合わせたトレーニングサービスを提供

vdgt-7000のネットワーク接続

1) 様々な視点
(1) FPVモード(一人称視点)(2) TPVモード(第三者視点) (3) 一人称視点と三人称視点での飛行観測
2)各種サービス
(1) 個別飛行訓練サービス (2) マルチネットワーク、マルチプレイサービス (3)フライト機能のリプレイ
(4) 自分の飛行記録を再生・分析 (5) 軍用ドローン操縦指導、ドローン管理教育サービスの拡充
3)各種ターゲット
(1) シングルトレーナーモード (2) マルチエンゲージメントモード (3) オブザーバモード(モニタリング&ティーチング機能)

このページ(情報通信実験装置[AR(拡張現実)ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000])のトップへ

コンポーネント(10ユーザー)

1) サーバシステム1
2) シミュレータハードウェア(ドローンコントローラ+USBドングル+(認証キー)
- ドローンコントローラ1 - USBシミュレーションドングル1 - USBドングルキー(認証キー) 1
3)VR HMDセット(VR Oculus Rift) 1
4)クライアント教育プログラム(VRドローン飛行訓練システム) 1
- VRフライトトレーニングシミュレーター - 学習管理システム
5) システムPC 1
6) トレーニングビデオ(教師用) - CD 1
7)マニュアル本2
* システムPCはお客様にてご用意可能です(下記推奨)
CPU:Intel i5以上 / グラフィックカード:GTX 1070以上 メモリ : 16GB以上 / OS . ウィンドウ10

このページ(情報通信実験装置[AR(拡張現実)ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000])のトップへ

実験内容

< VRハードウェアの実践>
Lesson-1 コース全体の概要
基礎理論Lesson
Lesson-2 ドローンの動向/歴史/分類/用語の定義/市場の状況
Lesson-3  1) フライトシミュレータの各部の機能 2)フライト前後のチェックポイント
Lesson-4  1) 航空の理論と特性(推進力など) 2) 飛行装置に影響を与える力
Lesson 5  1) トランシーバーの動作 2) 電池制御
Lesson-6  1) 故障などの異常時の手順 2)マニピュレーターと人的要因/安全管理
Lesson 7 中間評価
模擬授業の準備
Lesson-8スローガン・アクションの手順 (シミュレーション設定)
VRドローントレーニング
Lesson-9 離陸飛行 (シミュレータ演習)
Lesson-10 ホバリング飛行/ホバリング停止
Lesson-11 ホバリングフライト / 左側ホバリング
Lesson-12 ホバリングフライト / 右側ホバリング
Lesson13 直進・後方水平飛行(50m)
Lesson14 三角飛行
Lesson15 ラダーターンフライト
Lesson16 緊急時の操作(不時着)
Lesson17 アプローチとランディング(姿勢モード)
Lesson-18 横風のアプローチとランディング(GPSモード)
Lesson-19 フルコース運転実習
Lesson20 フルコース運転評価

<R/VRソフトウェア学習 >
第1章 R/ARコンテンツ企画 : アイデアの導出
第2章 UnityのためのC言語プログラミング : C言語プログラミング
第3章 Unityの基本的なプログラミング : 実践1, Unityの能力を学ぶ(PCベースのゲーム)
第4章 Unity VRプログラミング : 実践2、VRコンテンツ開発術(Gear VR / Daydream)
第5章 Unity ARプログラミング : 実践3、ARコンテンツ開発術(Galaxy 510 / ホロレンズ2)
第6章 ネットワークプログラミング : 実践4, ネットワーク技術 (PCを使ったネットワークゲーム)
第7章 ハイエンドHMDをベースにしたVRプログラミング : VIVE Pro、Oculus Questをベースにした開発手法
第8章 応用深化学習 : ML-Agentによる機械学習
第9章 アプリケーションコンテツの開発-1 : Gear VRを利用したネットワークVRシューティングゲームのコンテンツ開発
第10章 アプリケーションコンテツ開発-2 : VIVE、またはOculusを利用した爆弾訓練の開発を検討
第11章 アプリケーションコンテツ開発-3 : ホロレンズ2を利用した人体解剖学実習の展開について

このページ(情報通信実験装置[AR(拡張現実)ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000])のトップへ

仕様

1) サーバシステム
- E3-1220v3(3.0GHz)/ラム16GB/DDR4/1TB(HDD)/290WW - SmartFoxServer / IIS / MariaDB
*システムの仕様はサービス状況により異なる場合があります。
2) ドローンコントローラー(MZ-12ドローンコントローラー/22 in 1 シミュレータ(標準USBインターフェース付)

vdgt-7000の仕様

このページ(情報通信実験装置[AR(拡張現実)ドローン飛行制御シミュレータ- VDGT-7000])のトップへ

制御実験装置の製品ラインナップ